おととわをいつも温かく応援して下さっている皆様へ


年が明けたと思ったらもう1月も下旬となってしまいました。

ご挨拶が遅くなり大変申し訳ございません。

皆さま、改めまして今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

先日お伝えしました通り、私達は今全く新しい動きの中におり、

202111日にその情報を開示させていただきました。

まずはその内容についてお伝えさせていただきます。

 

先日、経営していた古民家民泊とカフェが閉業となり、
これから先の大切な命の時間は、農と、芸術事にお互い使わせて頂こう!と

妻と話し、決意をしたその日の夜から、

何故か突然に神様なる方々からの声が妻に聴こえ始める事となりました。

 

当時僕たちはスピリチュアルな世界には全く無縁でしたので、

そのまさかまさかの展開に僕も、友人知人も、

そして何より本人も驚くばかりでありました。

 

その理由や経緯など、細かくは長くなるので割愛させていただきますが、

今はとにかく「このことを仕の事(仕事)と致せよ」との言葉に
示される神社やお寺、史跡など全国様々な場所に出向いては

端開きというものをしたり、光の柱なるものを立てたり

(不思議過ぎですみません!)
その行く先々で神様や仏様、先人たちの声を受け取り
紡ぎ記すことをしています。
 

 

 

妻に神仏の言葉が聴こえはじめるという、あまりにも突拍子もない突然の出来事に

当初は驚き戸惑いしきりでありましたが、

神様や仏様からの言葉たちはわかりやすく心に染み入る大変素晴らしいもので、

これは、生きることに困り迷っている人たちに届けていきたい。

コロナや訳がわからない事件や自殺が増えている今の混沌とした世の中に

とても必要な言葉たちだと強く感じる様になりました。

 

また、目や耳を疑うような不思議な体験もこれでもかという位に積み重なり、

日本人が忘れてしまっている神様の存在や神社の意味、
仏様の存在や自然のこと、命のことなど、

一切の宗教の枠を越え、生きる指針となりうる深いメッセージを発信し、

これより左回転の緩みとなる世で起きゆく天変地異などの事象地象を

端開きや光降ろしで緩め、大難を小難、小難を無難にするという

(何かこう書くととても壮大ではありますが(汗)

その陰のお役目を全うさせて頂こうと家族で肚を決めた次第であります。

 

 

僕達もそうであったように、

今まで縁の無かったこの一般にスピリチュアルと呼ばれる世界は、

人によってはあまりよくない印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ぶどうやプラム、ころ柿たちを楽しみにし、

美味しく召し上がって下さっている皆様からすれば

「なぜに?」とお思いの方もいらっしゃることと察します。

ですが、色々なものを失う事は覚悟の上での決断であり

全ての方に解って戴こうなどとは毛頭思っておりませんが、
私たちなりのここまでの想いも含め、少し想いを伝えさせて頂けたらと思いますので

 

大変に長くなりますが、どうかお付き合いいただければ幸いです。


山梨へ移住して今年で10年目となります。

木村秋則さんの教えに感銘を受け足を踏み入れた自然栽培の世界。

試行錯誤を繰り返しながら果物たち、そして自然と向き合ってきたこの月日は、

僕たちにとってかけがえのない素晴らしい時間でありました。

 

樹々たちを果実を作るただの樹ではなく、子どものような想いで育ててきました。

はじめは収穫さえ叶わなかった僕たちが、

今このように全国に繋がるお客様がいらっしゃること。

そして、大切に育てた果物たちを、美味しいと召し上がって戴けること。

それこそすべてが奇跡のように感じています。

 

時には無農薬の果実の美味しさに感動していただけたり、

化学物質過敏症で果物が食べられなかったのに、はじめて食べられたと

お手紙やお電話をわざわざ下さるお客様もいらっしゃいました。

「私達が育てる果実で誰かを笑顔にできたら」そう願い続けてきた僕達にとって、

それはこの上ない幸せでありました。

 

この度の動き、お役目には実は何かとても不思議な縁も感じていたりします。

神が宿ると言われる自然に向き合い、学ばせて戴いてきた故の事かと思ったりもします。

この自然栽培の世界も、やはり目に見えない世界との対峙でありましたし、

ものを言わない植物たちの声を聴きとる心の鍛練のようでもありました。

 

今、神様たちからいただく言葉たちの中には、自然に関する言葉が沢山出てきますが、

そのどれもこれもが、今まで向き合うも聴こえなかった、プラムやぶどうの樹たちが

懸命に訴えていたことなのかもしれない。そんな風にも思えてなりません。

 


先日、青森県の木村秋則さんのりんごの畑にほど近い、
岩木山神社に行くようにと示しがあり、
久しぶりに青森の地を訪ねてきました。

尊敬する木村さんとの出逢いから、もう7年という時間が経っていました。

岩木山の神様からは、木村さんとの縁についてや農の大切さを伝えて欲しいということ。

そして農は業(農業)にせず、伝えゆく役となるように、との言葉をいただきました。

 

自然栽培は、指定された農薬を使用する代わりに販売先が確保されるという、

日本が作り上げた顔の見えない農業の循環から道を外れ、

いわば不安定な経済と常に隣り合わせの栽培方法です。

 

そんな中にも活路を見出すべく試行錯誤を続けながらも、

やはり生産、販売が目的となってしまう農業の形に
どこかずっと違和感をぬぐえずにいました。

今回神様からの
「農業ではなく“農”を伝えゆきてくれ」という言葉は
何かとても肚に落ちる感があり、
僕たちがずっと掴みたいともがいてきたものは、本当は
生産販売という農業という形ではなく、
土に触れ、自然に向き合い、
その宇宙のような理に込められた人が生きるに必要な物事を
学びゆく事だったのではないか?という結論に今回至りました。

 

これより先に見え始めた僕たちの農のビジョンは、

漠然と「伝える農がしたい。でも、伝える農って何だろう?」と昔つぶやいていた自分自身に

長い時間をかけて還ってきた答えのようでもありました。

まだまだぼんやりとした輪郭ではありますし、先のことをお伝えするのは難しくありますが、

どのような形であれ、これから先も農の世界に身を置き

土に触れ、自然と対話するという人が生きる根本となりゆくこの農の姿を

伝え続けていけたらと心から願っています。

 

今までのような皆様への果物たちの販売につきましては

今後どのような形を取らせていただけるか具体的にお伝えすることが出来ず恐縮でありますが、

またこの場をお借りし、逐一状況をお伝えしていけたらと考えています。


2人きりで始めたこのおととわの農の世界も、

今では心通い、全信頼を置いて共に自然に向き合える心優しき仲間がおります。

そしてその仲間も、有難い事に今回のこの突然なる動きに全面的に協力してくれています。

その心強く温かな仲間に時に甘え、力を戴きながら、

僕たちらしさを大切に前進していけたらと思っております。

 

最後に

神様のこの動きに関しては、

妻が時間を割き心を込めて毎日言葉を紡ぎ伝え続けています。

自然から離れ、苦しむ人々が増え続けてしまっているこの世の中に、

何とか生きる希望となる言葉を放つべく、日々心を尽くしています。

 

良い悪いはありますが、このネット(スマートフォンやPC)というものを通し、

これほどまでに多くの人々と繋がれている時代はないものかと思います。

本当に届けたい、伝えたい人は表に出てくることが難しい場合がある

古民家でのイベントや、カフェ、コンサートなどでも
そんなジレンマを感じる事が沢山ありました。

そういう意味では、今この時世の中、
必要な人に届ける事が出来る可能性は無限大だと感じています。


まだ先が見えない世の中ではありますが、

いつか、おととわの名前に込められた想いのように

風の音や、鳥のさえずり、胸の鼓動。

動物も虫も、人も大地も星も、今、ここで共に生きる奇跡、喜びを感じ合える、

万物全ての命の音が永久に響きゆく

そんな世界が実現する日が来ることを、僕たちは強く強く信じています。

 

今までの皆様とのご縁に、心から感謝致します。

本当に本当にありがとうございました

 

そして、これからもご縁を続けて下さる皆様

まだまだ至らぬ所多々の僕達ですが、

心に正直に天に素直に、日々精進して参りますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  

おととわ 太田欽也 美保 

★ブログ・SNSのご案内

以下、彼女の綴っているブログです。
その想いの深さは彼女の文章を読んで頂ければお分かりいただけるかと思います。

ぜひとも応援戴けますと嬉しい限りです。
(フォローなどが多い方が、より沢山の方々の眼に留まる仕組みのようです)

https://note.com/otohakotonoha

 

その他、より広く多くに伝えゆくようにと神様にもお尻を叩かれ(笑)

(実はSNSは苦手なタイプの人なのです)アメブロ、インスタグラム、

ツイッターなども立ち上げています。こちらもぜひ、ご覧いただければ幸いです。


ツイッター https://twitter.com/otoha_otoha432   
音葉 *otoha*(←音葉と*の間にスペースがあります)

ameblo  https://profile.ameba.jp/ameba/otoha-kotonoha/
音葉 otoha と漢字と英語を入れると出ます

インスタグラム https://www.instagram.com/otoha432/  
旅先で遭遇する龍雲や神様雲、不思議雲など空の写真を紹介しています。
一部下で紹介します☆


★言葉紡ぎ旅 セルフクラウドファンディングのお願い

旅は東日本を全て開き終え(約380箇所 2021.1月現在)

これより西の開きの旅が始まる予定です。(神様が少し急がれています)

わずかな貯金や農での収入を充てて、無事東の旅を終える事ができましたが、

今後の西も同じく家族総出での長き旅となる為、

引き続きクラウドファンディングを開催させて頂いております。

旅をしながら経済を立てる仕組みも急ぎ試行錯誤しておりますが、

どうかこの動きにご賛同戴けます方、お力添え戴けますとこの上なくありがたい限りです。

恥をしのぎ、心よりお願い申しげます。

(ご支援戴きました資金は、質素倹約の旅を心掛けつつ大切に使わせて頂きます)

 

尚、ブログや記事、動画などを有料にしてしまうと、
真っ先にお届けしたい本当にお困りの方にメッセージを届ける事が出来なくなる為、
神様に伺い、経済を立てる仕組みとしてこのような形を取らせて頂いております。
ブログ記事や映像等は今後も有料配信にする予定はございません。

私達が旅ゆく場所は人の氣が無い神社や端と言われる場所が主で、
人との接触、密度の濃い時間はほぼ皆無でありますが、
現在の情勢を鑑み、旅の際は充分に気を遣い、
皆様や社会にご迷惑かかることなく巡れたらと思っております。

 

セルフクラウドファンディングのお願い 言葉紡ぎ旅 応援サイトはこちら


~カフェ&民泊閉業&クラウドファンディングのお知らせ~

おととわをいつも温かく

応援してくださっている皆様へ

 

先日ご報告させて頂きました通り

昨年オープンさせて頂いた古民家カフェと民泊は

残念ながら完全閉業となりました。

 

リノベーションから関わって下さった方

民泊やカフェに必要なものを助けて下さった方

何度も足を運んで下さった方

遠くから応援して下さった皆々様。

4年の間、様々な形で

数え切れない皆様に助けて頂きました事

改めて心より感謝申し上げます。

 

おととわ古民家という場は失いましたが、

あの場所を介して戴いた数々の出逢いやご縁、

想い出は私達にとってかけがえのない財産です。

本当にありがとうございます

 

 

現在、皆様に色々とアドバイスいただき

長野県の人気ジャム店 ジャム工房ぼーしやさんとコラボした

数量限定 大人気の音プラムジャムを主に

セルフクラウドファンディングを開催しております

よろしければご覧いただき、ご支援いただければ幸いです

https://ototowa.jimdo.com/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3...

 

私達はおかげさまで家族皆元気にしており、

今全く新しき流れの中におります。

今後の新しい動きは、恐らくほとんどの方が

色々な意味で大変に驚かれる内容ではありますが

(何せ私達自身が1番に驚いています!!!)

 

 身に起こっている素晴らしきことを素直に受け止め、

皆様の反応も恐れずありのままを伝えゆけたらと

思っておりますので、どうか楽しみにお待ち頂ければ幸いです

(開示までもう少々お時間をいただきます)

 

★★動画でも発信していく予定です! 先行して登録をぜひ!!

★おととわチャンネル(配信はもう少し先の予定です♪)

 

皆様と皆様の大切なご縁の方々の健康と

世界中のコロナウイルスの騒動が一日も早く終息し

人間らしい生活が戻る事を心から祈っております。

 

おととわ 太田欽也 美保

 

 セルフクラウドファンディングこちら

 


いままで本当にありがとうございました♪

風の音 鳥のさえずり 胸の高鳴り

動物、虫、人も大地も星も 

今、ここで共に生きる奇跡

万物の命の音が、永久に響きますようにー

おととわ



    おととわ古民家カフェ閉業となりました。      いままでありがとうございました


おととわ古民家民泊 閉業となりました。           いままでありがとうございました


無肥料無農薬 自然栽培 おととわの音プラム

酸っぱいというプラムの概念が変わる人気のプラム

無肥料無農薬 自然栽培 おととわの音ぶどう

種を抜き玉を張らせるホルモン剤・ジベレリンも不使用

高い糖度ながらもすっきりとした自然の甘さ

無肥料無農薬 自然栽培 おととわの音柿

殺菌や消毒の為 通常行われる硫黄燻蒸はせず

お日様と風、人の力のみで作られる極上のスイーツ


Under the same sky Project~山梨と福島をつなぐ~ 毎年3月にプラネタリウムコンサートや写真展示等を通し当り前じゃない日常や「今、ここ、生きる」を伝えるイベント 

 

あの日、自然が私達に教えてくれた事  旅立った沢山の命が 示してくれたこと

忘れないこと 二度と過ちを繰り返さないこと そして 生き、続けていくこと

 

Under the same sky わずかな数分の時間だけでも 想いを共有しよう 空を見上げてみよう

そこから生まれる優しさと愛が 無限に広がりゆくようにー


おととわ 主宰者紹介

太田欽也 静岡県出身 山梨市在住 農業 舞台俳優 ボイスアーティスト

ロックバンドのボーカリスト、俳優などして活躍後、2011年、山梨市へ移住。大自然と農業の魅力に引きこまれ、「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏の提唱する自然栽培を果樹、野菜を中心に実践。2015年、農・食・芸術を主軸として活動する。「おととわ」を立ち上げ、人々の生きる力や笑顔につながる活動を展開すべく奮闘中。


太田美保 福島県出身 山梨市在住 ピアニスト 即興演奏士

2011年に山梨市へ移住。即興演奏能力を活かしプレイヤーして活躍。音楽・朗読療法を学んだ経験から生まれた1stアルバム「ねむぴあの」は学校、病院、子供の寝かしつけ、胎教など幅広いシーンで使用され話題となる。おととわでの活動の他、宙先案内人・高橋真理子氏との映像とのコラボコンサートや、福島と山梨をつなぐ~under the same sky project主宰、宙にうたえばなど、多方面で活躍中。


~おととわ 楽農日記より~~

 

山梨へ移住して早8年目。縁もゆかりもなかったこの地で、今では沢山の仲間や大好きな方々にご縁を頂き楽しく農業させて頂けます事本当に有難いなぁと日々感じております。

 

移住後慣行栽培を学ぶ中、自然からほど遠い栽培方法や大量の農薬や育て方に疑問が沸き、口に入れ命を作る作物たちを安心安全に育てることはできないだろうか?との思いにかられました。

 

そんな中『奇跡のリンゴ』木村秋則さんとの出逢いで自然栽培に魅了され独立。野菜やお米に比べ大変難しいと言われる果樹の自然栽培に取り組んできました。

 

熱い思いを胸に取り組むも無農薬無肥料の自然栽培での果樹栽培の道は険しく、一時はプラムやぶどうも病気に見舞われ全滅したり、何より家族がありながら食べられない経済状況に同世代の農業仲間からも非難や呆れ言葉をかけられる日々。やめようかと悩んだ時期もありました。しかし、変化の見える土や草、果樹たちの様子にあきらめることが出来ず信じ続ける中、少しづつ果樹たちは声に応えるかのうようにつやつやとした葉を茂らせ豊かな実をつけ、ついには虫や草たちが共存共演を果たしてくれました。初めて無農薬で育ったプラムやぶどうのおいしさの感動は忘れられません。

 

今では、珍しい果樹の自然栽培ということで畑を見せてほしいというご依頼や話を聴きにいらっしゃる方、恐れ多くも講演を頼まれる機会なども多くなりましたが、嬉しいながらもこればかりは技術ではなく想いが9割のような不思議な世界であって伝えることがなかなか難しい現状があります。

 

そんな現状をもどかしく思いながらも、低農薬無農薬に関心の高い若者の新規就農等が多い事はこれからの農業にとって大変明るい兆しと感じています。

 

自然の力で育った農作物には言葉にできない力強いエネルギーと味わい、美味しさがあります。僕たちはその自然の力を営みに寄り添い、よく声を聴いて支えていくだけ。自然の偉大なる仕組みをしれば人間の知恵や知識などなんと薄っぺらで浅いものかと。僕たちが「作っている」「育てている」と勘違いをした時点で何か違うなぁと思うのです。

 

微生物が豊かな土づくりや美しき水の循環、人体にこれ以上化学物質を取り込まない生活。自然栽培や昔ながらの古民家の暮らしなどにはそんなヒントが沢山詰まっています。

 

自然はシンプル。そして楽しいが大好き!

大切なことは、正しさより楽しさ。

 

人も、草も、樹も、生きとし生けるものすべてが

キラキラと永久に命を輝かせられるよう、

これからも 農×食×芸術のコラボレーションを

楽しみながら進んでいきたいと思っています。

 

まだまだ未熟で成長途中の私達ですが、

2019年も、皆様どうぞよろしくお願い致します 

 

おととわ 太田欽也 美保